さまざまな口内炎を種類別に紹介していきます。

口内炎の種類

口腔粘膜に生じる炎症の総称を「口内炎」といい、その種類はさまざま。中でも、最も多いとされるのは「アフタ性口内炎」です。他にもカタル性口内炎やウィルス性口内炎、カンジダ性口内炎、アレルギー性口内炎、ニコチン性口内炎などがあります。

アフタ性口内炎

最も一般的な口内炎とされ、白く窪んだ潰瘍が特徴です。10日前後で自然に治りますが、繰り返してできること(再発性アフタ性口内炎)もあります。風邪や体調不良、疲労、暴飲暴食、胃の調子が悪いときなどにしばしば起こりますが、原因不明のものも少なくありません。なお、「アフタ」には潰瘍という意味があります。

カタル性口内炎

口腔粘膜が赤く炎症を起こしたり、ザラザラと荒れたり、白くただれたりする口内炎です。「カタル」には“流れる”という意味があり、アフタ性口内炎のようにハッキリとした境界はありません。虫歯や歯槽膿漏、義歯の不具合などによって口の中の衛生状態が悪くなったときに起こりやすいとされています。

また、ビタミン不足や指しゃぶり(乳幼児のみ)が原因になることも。カタル性口内炎では潰瘍ができないため、痛みはそれほど強くありません。しかし、全体がただれているために食欲がでず、味覚も落ちてしまいます。

ウィルス性口内炎

ウィルスの感染によって唇や口腔粘膜に小さな水疱の集まりができ、それが破れると糜爛や潰瘍になります。小児に多く、またそのほとんどが単純ヘルペスによるものなので「ヘルペス性口内炎」と呼ばれることも。ヘルペスウィルスは外部から侵入するのではなく、すでに体の中にあったものが何らかの原因(免疫力の低下など)によって増殖すると考えられています。

ヘルペス性口内炎を防ぐにはまず体の免疫力を高めて、ウィルスに対する抵抗力を強くすることが大切です。また、夏風邪(ヘルパンギーナなど)や手足口病を原因とした口内炎も多々みられます。乳幼児は痛みから摂食不能になることも多く、栄養不足や脱水を起こしやすいので注意が必要です。

カンジダ性口内炎

「カンジダ」は口腔内に常在するカビの一種で、健康なときは何ら問題ありません。しかし、高齢者や乳幼児では口の中が不潔になったり、抗生物質やステロイドなどの治療を受けたり、体調が芳しくないときなどにカンジダが増えることも。白い小さな斑点が集まって苔のようになり、しみるような痛さがあります。口腔粘膜はもちろん、喉の奥(喉頭)や食道などにできることも。

アレルギーによる口内炎

虫歯治療(金歯など)や義歯で使われている金属にアレルギー反応を起こし、口腔粘膜の炎症や口内炎が起こります。また、薬や刺激物などに対するアレルギーで生じることも。金属アレルギーの可能性があるときは「パッチテスト(金属片を皮膚に貼り付けて、アレルギー反応を確かめる)」を受けてみてください。他にも、自分がどんなアレルギーを持っているか確認しておくといいでしょう。

ニコチン性口内炎

タバコに含まれるニコチン成分が原因とされ、ヘビースモーカーに多くみられます。これを防ぐには禁煙、またはタバコの本数を減らす以外にほかありません。タバコは「百害あって一利なし」なので、口内炎を機に禁煙するのもいいでしょう。

その他