帯状疱疹の原因や症状、治療法についてご紹介します。

帯状疱疹

ウィルス性口内炎の多くは「帯状疱疹ウィルス」によるものです。水疱瘡を経験した人であれば、誰にでも発症リスクがあります。

どんな病気?

水疱瘡と同じウィルス(水痘・帯状疱疹ウィルス)によって起こる病気です。2〜3週間の潜伏期間を経て、チクチクするような痛みと帯状の発疹があらわれます。水疱瘡はほとんどの人が幼少期にかかり、一度発症すると一生感染しないもの。しかし、そのウィルスが消失したわけではありません。何十年もの間からだの神経節に潜り込み、復活の機会を伺っているのです。

原因

からだの中に潜み続けていたウィルスは、免疫力が低下したころを見計らって再び活動を始めます。免疫力が低下する原因としては過労やケガ、ストレス、病気、手術、免疫抑制薬の使用、高齢化などがあげられます。免疫力の低下によって復活したウィルスは神経節から出て暴れだし、皮膚に帯状の水ぶくれをつくることから「帯状疱疹」と呼ばれるようになりました。なお、感染経路としては唾液や水疱の内容物による飛沫もしくは接触感染とされています。

症状

「帯状疱疹」という名前のとおり、お腹〜背中にかけて帯状の水ぶくれがあらわれます。一般的にはからだの左右どちらか片側だけに出ますが、病気などで免疫力が低下しているときは帯状のものに加えて水疱瘡のような水ぶくれが全身に出ることも。さらにウィルスは神経を通って皮膚に出てくるので、激しい痛みを伴うこともしばしば。チクチクした痛みから始まり、数日するとその部分が赤くなって水ぶくれとなります。

胸〜背中にかけて出ることが多く、他に顔や口の中(口内炎)、手足、お腹、おしりの下などに出ることも。痛みが始まってからかさぶたになって治るまで約3週間〜1ヶ月ほどかかり、痛みもそのころに消えることが多いとされています。しかし、まれに「帯状疱疹後神経痛」といって皮膚の症状が消失したにも関わらず痛みが消えないこともあるので要注意です。

検査と診断

症状が特徴的なので、問診と視診のみで済むことが多いとされています。ただし、診断が困難な場合は水疱の内容物からウィルスを検出することも。区別すべき病気は単純ヘルペスや手足口病、小児ストロフルスなどです。また、からだの片側だけに帯状の痛みが現れているかどうかも診断材料になるでしょう。

初期の診断は早期治療につながり、また帯状疱疹後神経痛を残さないためにも重要です。皮膚に痛みを感じたら、放置せず早めに皮膚科を受診してください。

治療法

抗ウィルス薬(アシクロビルなど)が特効し、点滴や内服治療によって短期間での回復が期待できます。また、皮膚症状に対しては抗ウィルス薬の軟膏塗布が効果的です。抗ウィルス薬剤は病気を治すのではなく、症状を緩和するいわゆる「対症療法」に当てはまります。治療はもちろん、安静にして体力を回復することも重要です。

適切な治療が行われれば1週間〜10日ほどで水ぶくれはかさぶたとなり、治癒するでしょう。ただし、神経痛は治癒した後も後遺症(帯状疱疹後神経痛)として残ることがあります。眼と関係する顔面神経で神経痛が生じた際、適切な治療をしなければ視力に影響が出ることも。神経痛に対する治療法は確立しておらず、必要に応じて対症療法(神経節ブロックや理学療法、鎮痛剤、抗うつ剤、抗けいれん薬など)が施されます。

予防法

日ごろから栄養と睡眠を十分にとり、適度に運動を行うなど心身の健康に気を配るよう心がけてください。また、2004年1月からは50歳以上の人を対象に帯状疱疹予防として水痘ワクチンの使用が認められています。心配な人は水痘皮内反応を調べ、陰性であればワクチン接種を考えてもいいでしょう。なお、水疱瘡の既往歴がない人は何歳でもワクチンを受けることができます。