手足口病の原因や症状、治療法についてご紹介します。

手足口病

夏かぜの一種で発熱や口内炎、手足の水疱性発疹が特徴です。口内炎が潰れると痛むので、喉越しのよい食事を心がけましょう。

どんな病気?

夏かぜの一種で、生後6ヶ月くらい〜4、5歳の幼児期に多い病気です。3〜5日の潜伏期間を経て、手足や口に特有の発疹があらわれます。比較的軽い病気とされ、ほとんどの人が1週間〜10日ほどで自然治癒しますが、ごくまれに中枢神経症状(髄膜炎など)を合併することも。

原因

手足口病はいくつかのウィルスが原因となって起こりますが、最も多いのは腸の中にいるコクサッキーウィルスA16によるものです。他にも、エンテロウィルス71などがあります。これらのウィルスが咳や唾液を介して飛沫感染するほか、便からもウィルスが排泄されるので経口感染することも。なお、ウィルスによって症状が異なるということはありません。

症状

手のひらや足の裏、手や足の指と指の間、口の中などに周囲が赤くて真ん中が白い、米粒大の水疱がみられます。基本的に痛みやかゆみはありませんが、足の水疱が少し痛痒いことも。病気の始まりには一般的な微熱(37〜38度くらい)を伴い、喉の痛みとそれによる食欲低下くらいの症状がほとんどです。まれに、下痢や嘔吐を伴うこともあるでしょう。

検査と診断

臨床症状によって、簡単に診断することができます。日本国内では原因とされるウィルス(コクサッキーウィルスなど)が特定されているので、必要に応じてこれらの検査が行われます。

治療法

手足口病に対する特異的な治療法はありません。病院へ行ったとしても発熱や頭痛、口腔内の潰瘍の痛みなどに対する対処療法が中心となるので、自然に治るのを待つのが一般的です。口の中の発疹(口内炎)が破れると痛みが生じて、食事や水分を摂り難くなることも。

こまめな水分補給はもちろん、ツルンとした喉越しのよいメニューを心がけましょう。その際は熱いものや刺激の強いものは避け、味の薄いものにします。発疹や水疱に対しての特別なケアは必要ありませんが、水疱が潰れると細菌に感染するので患部は清潔にしてください。なお、入浴の際は患部をあまりこすらないように。

予防法

手足口病には有効とされるワクチン(予防接種)がなく、またウィルスの排泄期間も長いため完全に予防することは困難とされています。予防のためには患者に近づかない、またうがい・手洗いを励行するよう心がけてください。特に、排便後やおむつ交換の際は必ず手を洗うようにしましょう。

登校(園)停止について

日本小児科学会では「咽頭から1〜2週間、便から3〜5週間とウィルス排泄期間が長いので登校(園)停止によって感染を予防することは困難であり、不顕性感染も多く症状も軽微のため他への感染のみを理由として登校(園)を停止する積極的意味はない」という見解を出しています。つまり「手足口病」は学校あるいは園で予防すべき伝染病1〜3種に含まれていません。ただし、学校あるいは園によって対応が異なるので、手足口病が疑われる際は一度確認してみてください。

手足口病などの口内炎には・・・

手足口病に限らず、口の中に口内炎ができると食事するのもままならないですよね? そんなときにオススメしたいのが「すいとん」です。普通は小麦粉を使いますが、白玉粉と小麦粉を使うことでツルンと喉越しがよい一品に早変わり!

ボウルに白玉粉を入れたら牛乳を少しずつ加えて溶きのばし、小麦粉を加えて耳たぶくらいの硬さにするだけ。あとはお好みの具材と一緒に煮て、味付けすれば出来上がりです。口内炎が痛くて、何も食べられない・・・というときはぜひ作ってみてください。